火星とアルデバランの接近を見た件(第5回天体観測会)

 3月23日に第5回天体観測会をオンラインで開催しました。本来であれば3月19日に実施する予定でしたが、天気が悪かったため4日も延期することになりましたが、綺麗な星空を眺めることができました。

第4回以前の観測会の報告はこちら→https://kaijo-chigaku.com/category/astronomy/%e5%a4%a9%e4%bd%93%e8%a6%b3%e6%b8%ac%e4%bc%9a%e3%81%ae%e5%a0%b1%e5%91%8a/

このページに載っている画像は、全て製作中の天体観測会振り返りスライドからの抜粋です。

 まずは、今回の観測会でメインイベントになる予定だったことから紹介します。今回の観測会では、この「月と火星とアルデバランの接近」を見る予定でした。

月と火星とアルデバランの接近の概要

 しかし、最初に述べたように、この観測会は4日も延期したため、残念ながら火星と月は全然接近していませんでした。しかし、火星とアルデバランが接近している様子は見ることができました。

観測会の結果(右の画像は部員撮影)

 本来であれば、惑星である火星と、恒星(自ら光る星)であるアルデバランの赤さの違いを比較したかったのですが、違いはあまりよくわかりませんでした。

火星(右上)とアルデバラン(左下)(部員撮影、1つ上の画像に出てくる写真と同じ)

 ちなみに、この観測会では、冬のダイヤモンドも見ることができました。

冬のダイヤモンドの概要

 当日は部員同士で話しながら冬のダイヤモンドを形成する星を探しました。全部の星が見つかったときは達成感を味わうことができました。下に部員が撮影した冬のダイヤモンドの写真を載せておきますので、皆さんも探してみてください。

部員が撮影した冬のダイヤモンド(どの星が冬のダイヤモンドの星かわかりますか?)
ヒント1 木の部分にオリオン座が隠れています
ヒント2はこれ この図を基に探していけば見つかります

 皆さんはわかりましたか?正解は…

冬のダイヤモンドの星など

 正解はこちらです。画像に映っている星が少なかったので、視力のいい方はすぐにわかったかもしれませんね。少し話が脱線するのですが(最初の方に話していた内容に戻るだけですが)、この写真を見ると火星と月が全然接近していないことが分かりますね。ちなみに、月と火星は、4月17日に再び接近しますので、興味がある方は是非見てみてください。

 話を戻しまして、この写真に映っている冬のダイヤモンドの星を結ぶとこのようになります。

冬のダイヤモンド

 また、冬のダイヤモンドの星にオリオン座のベテルギウスを加えると、グレートGになります。

グレートG(アルファベットのGの形に見えることからこう呼ばれている)

 そして、ベテルギウス、シリウス、プロキオンだけをつなぐと、皆さんご存じ、冬の大三角になります(画像はありません)。

 今でも日の入り直後なら、冬のダイヤモンドを見ることができますので、皆さんもぜひ見てみてください。

 これで観測会の報告を終わります。参考資料は以下のものです。

第3・4回天体観測会&第1~4回天体観測会の振り返り

報告が相当遅くなりましたが、12月15日に第3回天体観測会を、12月20日に第4回天体観測会(木星観測会)を、1月27日に第1~4回の天体観測会の振り返りを全てオンラインで実施しました。

第2回・第5回以降の天体観測会の報告はこちら→https://kaijo-chigaku.com/category/astronomy/%e5%a4%a9%e4%bd%93%e8%a6%b3%e6%b8%ac%e4%bc%9a%e3%81%ae%e5%a0%b1%e5%91%8a/ 

まずは第3回から。この回では、12月によく見ることができるふたご座流星群を見ようとしました。ふたご座流星群がどんなものか知りたい方は、この画像を見てください(このページに出てくる画像は基本的に観測会の振り返りスライドからの抜粋です)。

ふたご座流星群の説明(アストロナーツ『星ナビ 12月号』 2020 の内容の要約)

 しかし、この観測会では、流星群を観測することができませんでした。原因として考えられるのはこの4つですかね…。

ふたご座流星群を見ることができなかった原因

 ちなみに、観測会実施日にとある先輩は比較明合成というのを使って星の写真を撮ったそうです(流星群らしきものは映っていませんでしたが)。

星の写真

 次に第4回。この観測会では木星と土星の接近の様子を観察しました。概要は以下の通り。2020年12月の接近はかなりレアなものということがわかると思います。

木星と土星の接近の概要(アストロナーツ『星ナビ 12月号』 2020 の内容の要約)

 観測会当日は天気が晴れていて、木星と土星の接近の様子がよく見えました。ちなみに、観測会でやる予定だったメインイベントが成功したのは今回が初めてでした(詳しくは後述)。

観測会の結果 右下の写真は望遠鏡を使って見た木星と土星の接近の様子

 木星と土星は西側の地平線近くに見えていたので、一部の人は見ることができませんでしたが、ほとんどの人が、接近している様子をしっかり見ていました。ちなみに、観測会の時、木星と土星はとても接近していて(3、4回目?)、肉眼では同じ星に見えました。また、一部の人は、望遠鏡越しに土星の環を見ることができたそうです。

 さらに、この観測会では火星や月なども見ることができました。

月の様子(右の写真は部員撮影)

 最後は、観測会の振り返りの報告です。といっても、説明することが無いので、振り返りスライドの一部を掲載するだけにします(最後の方の黒いスライドは、第2回観測会の時に作ったスライドなので振り返りスライドではないのですが)。

(国立天文台のHPの内容の要約)
(スクエアとは、『スクエア最新図説地学』のこと)

これで、観測会等の報告を終わります。参考資料は以下のものです。

  • 西村祐二郎・杉山直(監修)『七訂版スクエア最新図説地学』(第一学習社 2019)
  • アストロナーツ『星ナビ 12月号』 2020
  • 国立天文台「火星最接近2020」https://www.nao.ac.jp/astro/feature/mars2020/(2021年4月5日閲覧)

 

日野 地質構造解説

浅川

日野台地は多摩川とその支流である浅川に挟まれた台地であり,約15万年前の下末吉海進の時代に形成された浅川や秋川の扇状地が侵食されたものである。

日野台地を細分すると,一つ目の図のように複数の地形面に分けられる。それぞれの地形面の詳細な説明はここでは省略するが,最上位の多摩平面・日野台面が最も古く,最も低い(川に近い)栄町面はより新しい時代に形成されたものである。

2つ目の図は,1つ目の図のCDの線における断面図である。この地層の中で,上総層群は比較的透水性が低い(水を通しにくい)地層で,その上位の段丘砂礫層(かつての多摩川や浅川が形成した扇状地に由来する)や最上位の関東ローム層は透水性が比較的高い(水を通しやすい)ので,上部から浸透してきた雨水が砂礫層内に溜まりやすく地下水となる。この地下水は同じ地層(帯水層)中でもより低い場所へと流れるので,CD断面図上では左へ流れ,黒川(清流)公園があるような崖で湧水として湧出する。(日野台地に限らず,武蔵野台地でもほぼ同様の地質構造なので,都内の湧水のほとんどはこれと同様の仕組み。)

そのため,湧水がある場所は段丘面の境界に並ぶことが多い。今回の巡検で訪れる湧水地点の中で,中央図書館下湧水は豊田面と栄町面の境界に位置するが,黒川清流公園,山王下公園,清水谷公園はいずれも多摩平面と豊田面の境界に位置している。訪れる際には段丘面を感じながら歩いてみてはいかがだろうか。

引用:

角田清美「日野台地の地形と自由地下水」2012年http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/33100/rcr048-04-sumida.pdf